成人向小説PR掲示板

Custom BBS     
 Home     投稿     Search     過去ログ     管理者用
CAUTION
  • こちらは「成人向小説」専用のPR掲示板です。
  • 成人向小説・官能小説を好まない方はご利用にならないでください。
  • 投稿記事からサイト・作品へ移動する場合には、異動先サイトの注意事項を遵守してください。
  • リンク先でトラブルが発生しても、当掲示板管理人は責任を負いません。
  • リンクはご自由に。相互リンクはこちらから。
投稿する皆様へ。
  • スパム投稿対策プログラムを適用しています。[詳細(必読!)]
  • 節度あるアオリ文でサイトや作品をPRして下さい。
    以下のような投稿は、管理人により警告無く削除されます。
    • 成人向小説関連サイト「以外」の宣伝
    • 実写アダルトコンテンツあるサイトの宣伝
    • 直接的・具体的な性描写・性表現、激しい暴力、具体的な犯罪行為など、PR文そのものが過激な内容の記事
      特に、濡れ場の引用、性器の名称や性交を直接表記する過激な文章
      • 記事を投稿する際の合い言葉は『「お楽しみ」はサイトに来ていただいてから』です。
        読者の皆様には「あなたのサイト」で楽しんでいただきましょう。
    • 日本国内の法律・条例に抵触する内容の記事
    • 公序良俗に反する記事
    • その他、管理者が不利益と判断した記事

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2461★    No.: 3129    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/21(Wed) 07:42
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「気がついたようね」

 万里亜が振り向いた。
 シャワーのフックが並ぶ前面の壁には、胸から顔の高さの横一面に、1段窪みが造られている。
 そこには、シャンプーやリンス、ボディーソープなどが並べられ……。
 奥の面には、鏡が嵌めこまれていた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3128    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/20(Tue) 11:39
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第8話をアップしました。

「こうなのよ。私、感じちゃった!」久美は、貴子の乳房を両手で揉みだした。
それには「あ、あ、あ!」気持ちよさそうに、声を出す貴子だ。
「私にもやらせて!」潤んだ目をして、久美の乳房を揉んでいく貴子に「そ、そうよ。そこをやさしくよ…」乳首も擦られて、気持ちよさそうな久美だ。
「気持ちいいわ、愛さん!」
「私もよ、瞳!」2人は眼を閉じて、乳房を揉み合いながら、唇を重ね合っていく。
 
 その後、お互いに体を洗い合うが、乳房や淫裂を触り合うと、次第に燃え上がっていく。
「したい。レズでもいいから、瞳としたい…」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2460★    No.: 3127    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/19(Mon) 07:48
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 アイボリーの空が見えた。
 いや……。
 空ではなかった。
 そうだ。
 ここは、エクササイズスタジオのシャワールームだ。
 アイボリー色の天井を眺めているのだ。
 背中に床を感じた。
 仰臥していた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2459★    No.: 3126    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/18(Sun) 08:20
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 万里亜の手の平が裏返った。
 そのまま、ゆっくりと下降する。
 着陸地を探すドローンのようだった。

「あひぃ」

 ドローンが過たず着地したのは……。
 美弥子の陰核だった。
 そこは、さっきから恥ずかしいほど勃起していた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 新作です    No.: 3125    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/18(Sun) 07:33
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「縁マンで抱かれて…」第1話をアップしました。

「なぁ千佳、青姦って興味ないか?」

「あおかん? 何よ、それ?」

突然友哉が囁くように話しかけてきて、意味のわからないアタシは、両目に?マークを浮かべた。
でも、とっても嫌な予感だけは倍増している。

「屋外でエッチすることさ。公園とか山の中とか、そこの縁マンとかで」

「もしもし友哉君。ちょっと質問があるんだけど。アタシ達ってその、セ、セックス経験どのくらいだっけ? たぶんだけど、アタシの記憶が正しければ、クリスマスイヴイヴイヴの1回だけだったよう……?」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3124    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/17(Sat) 10:28
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第22話をアップしました。

その夜、純子は大人しくしていた。
「純子、今夜はいいだろう?」
「いいわよ、私も信吾さんが欲しいの」甘えるようにして体を寄せた。
「可愛いよ、純子が可愛い」手を伸ばし、乳房を揉んでいくと「オッパイだけじゃイヤよ、あそこにもして」股間を撫でると「分かっているよ、これからやるよ」信吾は純子を寝かせると乳房を揉みながら淫裂を突き刺していく。

 「後ろからも、やるからな」肉竿をピストンしながら言うが「気持ちいいわ、もっと欲しい…」信吾を抱きしめている。
その後、純子は四つん這いになり、後ろから淫裂を突かれていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2457★    No.: 3123    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/16(Fri) 07:38
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「どう?
 あのディルドゥの亀頭と、ほとんど同じくらいでしょ」

 亀頭だけではない。
 細い前腕は、あのディルドゥの陰茎とそっくりなフォルムだった。

「はい。
 力を抜いて」

 再び万里亜の指が始動した。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3122    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/15(Thu) 11:32
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「援交ブルース」第6話をアップしました。

肉棒が口の中でさらに大きくなり、まもなくノッポは私の身体を求めてきた。

「やめてっ!」
「さあ、いい思いをさせてやっから、足を大きく開くんだ!」

 ノッポは私の両足をむりやりこじ開け、硬くなったモノを押しつけて来た。
 何とせっかちで粗暴なヤツラだろうか。
 ノッポは私に有無など言わせず強引にねじ込んできた。

「ひいっ!いたいっ!」

 私は痛さのあまり思わず腰を引いてしまった。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(五十三)作:八十八十郎    No.: 3121    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/15(Thu) 06:31
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 たどる道は緩やかにうねりながら、険しさを増す山景色を時折木立の隙間から披露する。
「若様……」
 伊織は陽に映えた山並みから鶴千代へと目を向けた。
 本来であれば、はしゃぎながら親にまとわり付く年頃である。
 ところが茶店を出てからの鶴千代は、ただむっつりと押し黙ったまま脇を歩くばかりなのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2456★    No.: 3120    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/14(Wed) 06:33
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「こっちの脚も」
「あ」

 美弥子の尻が濡れた床材を滑り、尾てい骨まで捲れあがった。
 あまりにもあられもない姿だった。
 亜衣からは、肛門まで見えているだろう。
 しかし、美弥子は抗おうとはしなかった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

次のページ

記事No    削除キー