成人向小説PR掲示板

Custom BBS     
 Home     投稿     Search     過去ログ     管理者用
CAUTION
  • こちらは「成人向小説」専用のPR掲示板です。
  • 成人向小説・官能小説を好まない方はご利用にならないでください。
  • 投稿記事からサイト・作品へ移動する場合には、異動先サイトの注意事項を遵守してください。
  • リンク先でトラブルが発生しても、当掲示板管理人は責任を負いません。
  • リンクはご自由に。相互リンクはこちらから。
投稿する皆様へ。
  • スパム投稿対策プログラムを適用しています。[詳細(必読!)]
  • 節度あるアオリ文でサイトや作品をPRして下さい。
    以下のような投稿は、管理人により警告無く削除されます。
    • 成人向小説関連サイト「以外」の宣伝
    • 実写アダルトコンテンツあるサイトの宣伝
    • 直接的・具体的な性描写・性表現、激しい暴力、具体的な犯罪行為など、PR文そのものが過激な内容の記事
      特に、濡れ場の引用、性器の名称や性交を直接表記する過激な文章
      • 記事を投稿する際の合い言葉は『「お楽しみ」はサイトに来ていただいてから』です。
        読者の皆様には「あなたのサイト」で楽しんでいただきましょう。
    • 日本国内の法律・条例に抵触する内容の記事
    • 公序良俗に反する記事
    • その他、管理者が不利益と判断した記事

 「哀奴まどか」更新しました。    No.: 3256    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/25(Wed) 11:35
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「哀奴まどか」第2章(2)をアップしました。

私は家から15分位の所にある、ペットショップまで、ガタガタと震えながら歩いて行ったのです。
私に外出着として許されたのは、レインコートとゴムの長靴・・・それだけなのです。
薄いレインコートでは・・透けて見えることはないのですが、全く寒さが防げないのです。

 小さな傘では避けることのできない雨滴が、コートの襟元や裾から容赦なく滲みてきて、身体を湿らせます。
吹き付ける風は、氷の刃のように私を苛むのです。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2506★    No.: 3255    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/04/25(Wed) 07:34
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 亜衣が美弥子の真後ろに、横向きにつくばった。
 どうする気だろう。

「じゃ、オクサナさんは、この人間椅子に座って。
 亜衣さん、踏ん張ってね。
 オクサナさん、ほら」

 万里亜に腕を引かれた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3254    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/24(Tue) 11:12
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第17話をアップしました。

「私を、お買いあげいただけますか?」久美は、変装した高島に気が付かない。
「確かめてからだ。見せてくれ」裾を捲ると「!」言葉が出ない。
(性器にも、リングが付けられている。もしや、陣内も?)今度は貴子の裾を捲った。
(陣内にもリングが…)部下の哀れな姿に言葉が出ない。
「お気に召しましたでしょうか?」貴子は高島の手を掴み乳房へと導いていく。
(乳首もリングか!)高島は乳房を撫でていくと、リングが指に当たっている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2505★    No.: 3253    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/04/23(Mon) 06:37
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「それではみなさん。
 更なる愛を高めあいましょう。
 さぁ、抱き合って」

 一方向を向いていた鈴なりの頭が、隣の頭と向き合った。
 抱き合う。
 肌が接した途端、暖められた尿が匂った。

「まだ、おしっこしてない人がいるでしょ?」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2504★    No.: 3252    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/04/22(Sun) 08:09
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 黒谷さんの身体が、大見得を切るように揺らいだ。
 今まで自立していた方が不思議なのだ。
 和式トイレを使う姿勢なのだから。
 後ろに傾いだ身体を、万里亜が抱き留めた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「落ち行く女教師」更新です    No.: 3251    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/21(Sat) 11:42
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星直也です。
今回は「落ち行く女教師」第7話をアップしました。

「助けて、桃子さん!」扉が開いた瞬間、聞き覚えがある声がした。
「桂子さん。どうして?」全裸にされた桂子が、大の字に両手、両足を縛られている。
「桃子に民子か。待っていたぞ!」手術服を着た黒川が現れた。
「いったい、何をする気ですか?」震えながら桃子が尋ねると「妊娠したんだ。誰かわからない男の子をな!」岸田もやはり手術服で現れた。

 「中絶…。でも、婦人科の資格は持ってないはずよ」桃子の声は震えて、どうにか聞き取れるほどだ。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2503★    No.: 3250    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/04/21(Sat) 08:26
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 黒谷さんの表情が一変していた。
 さっきまでの菩薩を思わせる柔和さは、まっったく消失していた。
 浅井さんの鬼相が乗り移ったようだった。
 悦楽の頂点だけしか見ていない、まさに餓鬼道を思わせる顔だ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「ありさ 割れしのぶ」更新です。    No.: 3249    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/20(Fri) 11:41
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は,Shyrock様作「ありさ 割れしのぶ」第4話をアップしました。

「ありささんこそ僕の名前をよく憶えてくれているじゃないですか」
「そんな〜ん〜、そんなん当たり前どすがなぁ〜。そやかて困った時に助けてくれはったお方はんのお名前忘れたら、バチ当たりますがなぁ〜」
「いやあ、困ったなあ。僕は当然のことをしたまでですよ」

 ありさは俊介と言葉を交すうちに惹かれて行くものを感じずにはいられなかった。
花街で大金を使い遊興する男たちのようなどす黒い欲得など微塵も見られない。
彼の持つ実直で清廉な態度は、ありさに強い衝撃と印象を与えた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3248    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/19(Thu) 12:00
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「援交ブルース」第15話をアップしました。

その頃ふたりとももう汗びっしょりになっていた。
 私の身体が上下動する度に、車井山さんの汗が私の乳房にポタリと落ちてくる。
 嫌いな人とならキモイけど、大好きな人とならふたりで汗まみれになったって全然構わない。

「ありさちゃん、両足を僕の肩に乗せてみて?」
「え?足を肩に乗せるの!?」

 車井山さんが言うとおりに、私は車井山さんと向き合って座り、車井山さんの肩の上に両足をかけた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3247    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/04/17(Tue) 11:46
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第14話をアップしました。

久美が貴子の乳房を掴み、撫でながら乳首を吸うと「いいわ、凄くい。今夜は行きそうよ」覚醒剤が効き始めたのか、虚ろな目をして久美の頭を抱いている。
「私にもして。私も行きたい…」今度は、貴子が久美の乳房を撫でながら乳首を吸う。
「あ、あ、あ!」声を上げて、2人は男達が見守る前で、シックスナインになった。
「そこ、そこがいい!」
「行くわ、行きそうよ!」淫裂を指で弄くり合い、淫汁がドロドロと流れていた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

次のページ

記事No    削除キー