成人向小説PR掲示板

Custom BBS     
 Home     投稿     Search     過去ログ     管理者用
CAUTION
  • こちらは「成人向小説」専用のPR掲示板です。
  • 成人向小説・官能小説を好まない方はご利用にならないでください。
  • 投稿記事からサイト・作品へ移動する場合には、異動先サイトの注意事項を遵守してください。
  • リンク先でトラブルが発生しても、当掲示板管理人は責任を負いません。
  • リンクはご自由に。相互リンクはこちらから。
投稿する皆様へ。
  • スパム投稿対策プログラムを適用しています。[詳細(必読!)]
  • 節度あるアオリ文でサイトや作品をPRして下さい。
    以下のような投稿は、管理人により警告無く削除されます。
    • 成人向小説関連サイト「以外」の宣伝
    • 実写アダルトコンテンツあるサイトの宣伝
    • 直接的・具体的な性描写・性表現、激しい暴力、具体的な犯罪行為など、PR文そのものが過激な内容の記事
      特に、濡れ場の引用、性器の名称や性交を直接表記する過激な文章
      • 記事を投稿する際の合い言葉は『「お楽しみ」はサイトに来ていただいてから』です。
        読者の皆様には「あなたのサイト」で楽しんでいただきましょう。
    • 日本国内の法律・条例に抵触する内容の記事
    • 公序良俗に反する記事
    • その他、管理者が不利益と判断した記事

 波瀾のOL 更新です    No.: 2603    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/03/25(Sat) 08:13
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第5話の案内です。

「美紀さん、もうセックスはしたくありません…」歩きながら言うと「返すあてあるの。
ずいぶんあるんでしょう?」聞き入れようとはしない。

反対に「タダじゃないのよ。オ○ンコすればお金になるのよ。それくらい我慢しなさい」
突き返した。
(それじゃ、売春と同じよ)言いたいが黙っている。

そして、店に着くと「晴美さん、交代よ」真美と一緒に着替え室に入った。
晴美がスカートを脱ぐとスケスケのパンティだから「凄いわね、ヘアまで見える!」
真美が食い入るように見ている。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2222★    No.: 2602    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/24(Fri) 07:41
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「そのまま、入れて」
 中学生は下腹部を突き出し、陰茎を挿入した。
「わひぃ」
 無毛同士の性器の結合だった。
 片方は剃毛だが、もう片方は発毛前だ。
「どう?
 入れた感想は?」
「き、気持ちいい」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 もえもえ マーメード・ママレード 更新です    No.: 2601    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/03/23(Thu) 07:57
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「もえもえ マーメード・ママレード」第9話の案内です。

「あれ?先生、何か濡れちゃってるんですけど。かなり感度いいっすね〜」
「本当だ!水とは違ってねっとりしてるものね、これは愛液だ!」
「いやぁ……そんな恥ずかしいこと言わないで……」
「へぇ〜、先生って真面目そうに見えるけど意外とエロいんだね〜」

 わざと聞こえよがしに囁き合う男たちに、もえもえは頬を紅く染めて彼らから目をそむけた。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 監獄の学園 更新です    No.: 2600    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/03/21(Tue) 08:28
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「監獄の学園」第17話の案内です。

「皆さん、酒も回ったようですね。それではデザートのサクランボをしゃぶって下さい。
女性方、サクランボを出して下さい」目尻を下げて井上が言う。

(ふ、フルヌードになるんだ…)女性達は足を広げ、淫裂を舌でなめられながらも上着、
ブラウスと脱いでいく。

「ま、まって。まだなのよ」まだ脱ぎ終わらないのに乳房に手が伸びていく。

(いやよ。どうして、ここはヌードなのよ。普通の学校じゃあないわ)新任の洋子と弘子
は泣きながら全裸になった。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2221★    No.: 2599    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/22(Wed) 07:40
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「じゃ、いいよ。
 入れてみな」

 中学生は陰茎を摘むと、皮を引き下げた。
 亀頭が、つるりと剥けた。
 ピンク色の張り詰めた粘膜が、木漏れ日を返している。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #187』作:ハーレクイン    No.: 2598    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/21(Tue) 07:30
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 話をひと段落させた秀男は、道代にも志摩子にも目を遣ることなく軽く仰向いた。その眼には、暮れ泥(なず)む京の冬空が映っているはずであったが、何か秀男にしか見えないものを見るともなく見ている、そのようにも見える秀男の姿勢だった。
 道代も志摩子も口を噤(つぐ)んだ。二人の手は変わらず握り合っている。道代は右の、志摩子は左の……。掌(てのひら)どうしを重ね合う、そんな、幼い子供のような二人の手の繋がりは、秀男の沈黙の時間の中でその色合いを変えていった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2220★    No.: 2597    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/20(Mon) 08:34
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「いくよ」

 中学生は、両腰の左右に先生の脚を抱えながら、植えこみの切れ目へ向かってバックする。
 ジャージの股間は、はち切れんばかりに盛りあがっている。
 こんな小さな身体にも、既に性徴は現れているのだ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 聖なる日の贈り物 更新です    No.: 2596    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/03/19(Sun) 08:56
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「聖なる日の贈り物」第14話の案内です。

優柔不断で頼りない僕だけど……
今まで、嫌なことや辛いことから頭を抱えて逃げ回っていた僕だけど……
僕と同じように涙ぐむ佐緒梨を見て、僕の身体の下で僕の全てを受け入れてくれた佐
緒梨を愛おしくて、命を賭けてでも守るべき人だと確信して……

そうしたら、下着姿のまま通路に飛び出していた。
部屋の中から佐緒梨の悲鳴に似た声が聞こえたけど、そんなの無視して、白いスーツ
の男の前にパンツとランニングシャツの姿で立っていた。

とっても怖いけど。
でも、とっても怖いおじさんから佐緒梨を守ろうとして。

お時間に余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2219★    No.: 2595    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/19(Sun) 08:16
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「そこに入れてみたくない?
 お××××を」

 中学生は、再び視線を指先に戻した。
 そして、大きくうなずいた。

「よし。
 ここじゃ難しいから、あっちの芝生に行こう」

 園路を囲む植えこみの向うに、芝の広がりがあった。

※本編に伏せ字はありません。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2218★    No.: 2594    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/03/18(Sat) 08:30
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 もう一度、指が上がる。
 再度の指は、迷いなく一直線に伸びた。
 陰唇に触れた。

「ひぃぃ」

 中学生は、今度は指を引っこめなかった。

「もっと上のところを触ってみて。
 ほら、膨れてるところがあるだろ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

次のページ

記事No    削除キー