成人向小説PR掲示板

Custom BBS     
 Home     投稿     Search     過去ログ     管理者用
CAUTION
  • こちらは「成人向小説」専用のPR掲示板です。
  • 成人向小説・官能小説を好まない方はご利用にならないでください。
  • 投稿記事からサイト・作品へ移動する場合には、異動先サイトの注意事項を遵守してください。
  • リンク先でトラブルが発生しても、当掲示板管理人は責任を負いません。
  • リンクはご自由に。相互リンクはこちらから。
投稿する皆様へ。
  • スパム投稿対策プログラムを適用しています。[詳細(必読!)]
  • 節度あるアオリ文でサイトや作品をPRして下さい。
    以下のような投稿は、管理人により警告無く削除されます。
    • 成人向小説関連サイト「以外」の宣伝
    • 実写アダルトコンテンツあるサイトの宣伝
    • 直接的・具体的な性描写・性表現、激しい暴力、具体的な犯罪行為など、PR文そのものが過激な内容の記事
      特に、濡れ場の引用、性器の名称や性交を直接表記する過激な文章
      • 記事を投稿する際の合い言葉は『「お楽しみ」はサイトに来ていただいてから』です。
        読者の皆様には「あなたのサイト」で楽しんでいただきましょう。
    • 日本国内の法律・条例に抵触する内容の記事
    • 公序良俗に反する記事
    • その他、管理者が不利益と判断した記事

 「永〜く愛して♪♪」更新です。    No.: 2722    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/25(Sun) 06:21
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「永〜く愛して♪♪」第9話をアップしました。

後輩の言っている意味が分からずにキョトンとする美和を置き去りにして、綾音は寝室に向かうと、プラスチック製のパッケージに収まった例のバイブを持ち出してきた。
それを、テーブルの端っこすれすれに置いた。

「なんなのよ、この巨大バイブは? え〜っと『パワー自慢!デカチン君』って……?」

パッケージの印字を棒読みにして、美和の頭上にクエスチョンマークが並んだ。
ピンク色をした物体と綾音の股間を交互に見比べて、頭上のクエスチョンマークの数を次第に増やしていく。

お時間に余裕がありました、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2289★    No.: 2721    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/06/25(Sun) 07:58
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 史恵さんは、平山さんの股間から両手を離し、2人の結合部を覗きこんだ。

「大丈夫。
 抜けてない」

 史恵さんは、満足げな表情をわたしに向けた。
 額から汗が流れていた。
 美しいと思った。

「堀内さん、手元」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「永〜く愛して♪♪」更新です。    No.: 2720    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/25(Sun) 06:21
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「永〜く愛して♪♪」第9話をアップしました。

後輩の言っている意味が分からずにキョトンとする美和を置き去りにして、綾音は寝室に向かうと、プラスチック製のパッケージに収まった例のバイブを持ち出してきた。
それを、テーブルの端っこすれすれに置いた。

「なんなのよ、この巨大バイブは? え〜っと『パワー自慢!デカチン君』って……?」

パッケージの印字を棒読みにして、美和の頭上にクエスチョンマークが並んだ。
ピンク色をした物体と綾音の股間を交互に見比べて、頭上のクエスチョンマークの数を次第に増やしていく。

お時間に余裕がありました、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2288★    No.: 2719    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/06/24(Sat) 08:09
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ゆっくり動いてください。
 恥骨に意識を集中して」

 平山さんの大きな尻が、プルプルと揺れ出した。

「いぃぃぃぃぃ」

 奥さんの両脚があがり、平山さんの太い胴体に絡みつく。

「い……。
 イクかも……。
 イキそう」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「波瀾のOL」更新です    No.: 2718    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/24(Sat) 07:08
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第18話をアップしました。

新事業は、営業担当の協力を得た事で順調に進み、売上も伸ばして全売上の3分の1になっていた。
当然、事務所も新事業が広がり、売上の少ない事業が狭くなっていく。
「悔しいな。オッパイとオ○ンコ隠しに負けるなんて…」売上のない部門が嘆いていた。
「課長、こうなったら、あいつらの裸踊りを見ながら、ぱーっと、行きましょうよ」
「それ、いいね。君に計画任せるよ」よからぬ計画が練られている。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(三十六)作:八十八十郎    No.: 2717    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/06/22(Thu) 07:25
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 襦袢を脱いだ伊織は上品な胸の膨らみを片手で覆った。
 腰巻を残したままかがみ込むと、脱いだものを足元にたたむ。
「さあここへ……」
 そう促されて、伊織は表情を硬くしたまま二人の間に身を運ぶ。
 おずおずと上向きに身を横たると、固く目を閉じた
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「悪夢の標的」更新です    No.: 2716    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/22(Thu) 06:15
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「悪夢の標的」第9話をアップしました。

上野はこの時を待っていた。今さら老人に女体の講義などしてもさして妙味はなく、一時でも早く目 前に横たわっている最上級の肉を賞味したかったのだ。

 会長の合図により堰を切ったように上野は早速イヴの亀裂に指を伸ばした。

「早乙女君、それにしても君はなかなかよい道具を持っているね。いったいこれで今まで何人の男を泣かせたのだ?ええ?」

 亀裂に指を這わせながらイヴを問い詰めた。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「波瀾のOL」更新です    No.: 2715    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/24(Sat) 07:08
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「波瀾のOL」第18話をアップしました。

新事業は、営業担当の協力を得た事で順調に進み、売上も伸ばして全売上の3分の1になっていた。
当然、事務所も新事業が広がり、売上の少ない事業が狭くなっていく。
「悔しいな。オッパイとオ○ンコ隠しに負けるなんて…」売上のない部門が嘆いていた。
「課長、こうなったら、あいつらの裸踊りを見ながら、ぱーっと、行きましょうよ」
「それ、いいね。君に計画任せるよ」よからぬ計画が練られている。

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2287★    No.: 2714    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/06/23(Fri) 07:32
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「イ、イクイクイク」

 平山さんの奥さんが、声を裏返した。
 隣を見ると、史恵さんが、ご主人の尻を一心に引き回している。
 その真剣な表情は、死に瀕した人に心臓マッサージを施しているようにさえ見えた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「悪夢の標的」更新です    No.: 2713    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/06/22(Thu) 06:15
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は投稿小説「悪夢の標的」第9話をアップしました。

上野はこの時を待っていた。今さら老人に女体の講義などしてもさして妙味はなく、一時でも早く目 前に横たわっている最上級の肉を賞味したかったのだ。

 会長の合図により堰を切ったように上野は早速イヴの亀裂に指を伸ばした。

「早乙女君、それにしても君はなかなかよい道具を持っているね。いったいこれで今まで何人の男を泣かせたのだ?ええ?」

 亀裂に指を這わせながらイヴを問い詰めた。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

次のページ

記事No    削除キー