未知の星 - いつもお世話になってます「未知の星」の赤星直也です。
今回は「新・SM小説書庫2」二次元世界の調教師様作「調教家族」第14話
をアップしました。

3人掛かりで来られては抵抗しても無駄で、すぐに服を剥かれた僕は手で隠しながら
体を丸くし、皆に背を向けて座っていた。
男としては情けないと思ったが、こんな急では心の準備が出来るわけがないのだ。
だが無論それで許されるわけもなく、母さんと姉さんに左右を取られ、あぐらをかいて
みんなで車座に座り直させられていた。

お時間にゆとりがありましたら、お越しください。
http://akahoshi.a.la9.jp/


投稿者自身による削除
削除キー:

管理人による削除
USER: PASS:
もどる

貼り付けタグ | RSS | えろまとめ | Hな小説 | ぴあす裏口 | BBSトップへ戻る


PHP掲示板