成人向小説PR掲示板

Custom BBS     
 Home     投稿     Search     過去ログ     管理者用
CAUTION
  • こちらは「成人向小説」専用のPR掲示板です。
  • 成人向小説・官能小説を好まない方はご利用にならないでください。
  • 投稿記事からサイト・作品へ移動する場合には、異動先サイトの注意事項を遵守してください。
  • リンク先でトラブルが発生しても、当掲示板管理人は責任を負いません。
  • リンクはご自由に。相互リンクはこちらから。
投稿する皆様へ。
  • スパム投稿対策プログラムを適用しています。[詳細(必読!)]
  • 節度あるアオリ文でサイトや作品をPRして下さい。
    以下のような投稿は、管理人により警告無く削除されます。
    • 成人向小説関連サイト「以外」の宣伝
    • 実写アダルトコンテンツあるサイトの宣伝
    • 直接的・具体的な性描写・性表現、激しい暴力、具体的な犯罪行為など、PR文そのものが過激な内容の記事
      特に、濡れ場の引用、性器の名称や性交を直接表記する過激な文章
      • 記事を投稿する際の合い言葉は『「お楽しみ」はサイトに来ていただいてから』です。
        読者の皆様には「あなたのサイト」で楽しんでいただきましょう。
    • 日本国内の法律・条例に抵触する内容の記事
    • 公序良俗に反する記事
    • その他、管理者が不利益と判断した記事

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3119    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/13(Tue) 11:40
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第7話をアップしました。

 「管野、始めろ!」「はい」管野は撮ったばかりのビデオを再生していく。
映り出された画面には、久美が福原に乳房を揉まれている。
『お、オチンチンでオ○ンコを突いて!』と声を出している。
「嘘よ、そんな事言った覚えない!」泣き出す久美だが、覚醒剤で理性が消えていたから仕方なかった。
ビデオは、なおも再生が進み『好き、オ○ンコが大好き!』久美は自分の姿に涙を流している。

 「どうだ、これでもレイプか?」追い打ちを掛けるように言う管野に「う、う、う!」声を上げてしまった。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。

http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2455★    No.: 3118    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/12(Mon) 07:44
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 全裸。
 ついに全裸になれたのだ。
 本来の自分に戻れた。
 圧倒的な充足感だった。

「亜衣ちゃん、懐かしいでしょ。
 そのクリチンポ」
「スゴいです」

 美弥子の視線は、波に翻弄されるように揺れながら真下に降りた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」完結です    No.: 3117    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/11(Sun) 12:49
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はとっきーさっきー様作「シャッター・チャンス2」最終話をアップしました。

「いえ、そうではなくて、こちらへ伺う前に妊娠してたみたいで……どうもご迷惑をお掛けしました。本当は主人共々、お詫びをしなければならなかったのですが、生憎主人は手の放せない仕事がございまして……」

「いえいえ、そんなお気遣いなく……おほほほ、そうですよね。昨日アレして、さっそく赤ちゃんって……ないですよねぇ」

だったら、どうなのよ?
雪音とお父さんが、蚊の大群と盗撮小僧と闘った昨日の夜はどうなるのよ?!
お支払いは? これが回収不能になったら……
しゃっきん! シャッキン!! 借金!!!

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2454★    No.: 3116    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/11(Sun) 07:55
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あひ」

 万里亜の舌に、脇の下が犯された。
 慌てて、揚げていた腕を下ろそうとするが……。
 万里亜の頭に阻まれ、叶わなかった。

「美味しい。
 塩味がついてて最高。
 汗の後って、これだから好きよ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3115    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/10(Sat) 11:39
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第21話をアップしました。

そんなある日に、歩美は信吾と2人きりになってしまった。
「姉さん、溜まっているんだ。やらせてよ」乱暴に抱きついて、下半身を剥き出しにしていく。
「赤ちゃんがいるの。セックスはしたくないのよ!」
「そんな事言っても、抑えが効かないよ」歩美は淫裂を剥き出しにされた。
「わかった、セックスするから奥まで入れないで。それに、横になってして」覚悟を決めて、横臥位になった。

 「ゴムなしだよ。姉さんに出すのは初めてだね…」信吾も横臥位になり、後ろから肉竿を突き刺していく。
「全部入れないで。それくらいにして…」肉竿が動き出した。
「ゴムなしだと、気持ちいい。姉さんのオ○ンコに出せるなんて、夢みたいだ」
「今回限りよ。ゴムなしでは、もう、やらないからね」

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3114    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/08(Thu) 11:35
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShyrock様作「援交ブルース」第5話をアップしました。

午後7時、待ち合わせのラブホに向った。
 どんな人か分からないからすごくドキドキする。
 私は教えられた部屋の前に立ち止まり、思い切ってドアのノブを廻した。
 鍵は掛かっていない。
 ドアを開けてみた。

(あれ?真っ暗じゃん……)

「あのぅ、すみません……電気点けてくれませんか?」

 そういいながら2、3歩進むと、突然部屋が明るくなった。
 急に明るくなったため、私は一瞬視点が定まらなくて呆然とした。
 次の瞬間、前後から指を鳴らす音と男性の声がした。

お時間に余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3113    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/06(Tue) 11:31
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第6話をアップしました。

「こちらです」案内された部屋は、ベッドが置かれ、撮影機材が並んでいる。
「早速やろうな」管野は久美をベッドに寝かせると、淫裂を舌と指で触っていく。
「あ、あ、あ!」久美は無意識に腰を動かしているが、そんな2人の行為を、ビデオがしっかり撮っている。

 「欲しい、早く入れて…」淫裂から、淫汁を流しながら、譫言のように言う。
「何が欲しいんだ。ハッキリ言わないと」福原の指が膣の中に入った。
「お、オチンチンで、オ○ンコを突いて!」
「オ○ンコしたいのかい?」
「早くオ○ンコしたい…。入れて、オ○ンコに入れて!」覚醒剤が効いたのか、理性が消えている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3112    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/04(Sun) 11:41
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー作「シャッター・チャンス2」第12話
をアップしました。

あたしは左手だけで身体を支えると、右手をお腹の下から侵入させて割れ目のスリットに這わせた。
中指にリーダーを任せて、ヒダヒダの底にまで一気に沈めた。
人差し指と薬指がサポートみたいにサイドの感じる壁を引っ掻いて、カメラ君が覗いているのにお尻がバウンドする。
閉じるのを忘れた前歯の隙間から、お約束の声が漏れた。

ズニュ、ズニュ、ぬちゅうぅ……にちゃ、にちゃ……

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 読み切り小説をアップしました    No.: 3111    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/05(Mon) 11:31
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は読み切り小説「天使の微笑み」をアップしました。

脱いだ服を寝室の入口に置き、襖を開け「あなた、今夜も慰めてあげる!」由加の言葉に振り向けば、一糸まとわぬ娘が立っているではないか。
「ゆ、由加。絶対ダメと言ったはずだ!」
「勿論です。でも、セックスしなければいいでしょう?」甘えるように昭次に抱き付き、唇を吸う。
それは、妻が夫を求める行為と同じだった。
唇を重ねた後、由加は昭次のパジャマを脱がし、シャツ、パンツも脱がせて全裸にした。
 
 「あなた、お口でさせて!」勃起した肉竿を掴み、口に入れた。
「だめだ、だめ、あ、あ、あ!」由加は頭を振っている。
「ゆ、由加!」気持ちよさそうな顔をして、由佳の乳房を掴んだ。
(私にもして。後でいいから…)すると、振りを早めた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #231』作:ハーレクイン    No.: 3110    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/06(Tue) 07:30
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 納得できぬこと、理不尽な振る舞い。そのようなことどもには一歩も引かぬ。そのような風情の志摩子だった。
 その志摩子と、東中 昂(ひがしなかこう)は、立ったまま正面から睨み合った。
 相馬禮次郎は一歩下がり、様子見の体勢である。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2450★    No.: 3109    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/05(Mon) 07:54
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「狙い、大成功だわ。
 じゃ、シャワーにしましょう。
 美弥子さん……。
 じゃなくて、オクサナさん。
 一緒でいいわよね。
 これが、ジャパニーズスタイル。
 オッケー?」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3108    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/04(Sun) 11:42
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー作「シャッター・チャンス2」第12話
をアップしました。

あたしは左手だけで身体を支えると、右手をお腹の下から侵入させて割れ目のスリットに這わせた。
中指にリーダーを任せて、ヒダヒダの底にまで一気に沈めた。
人差し指と薬指がサポートみたいにサイドの感じる壁を引っ掻いて、カメラ君が覗いているのにお尻がバウンドする。
閉じるのを忘れた前歯の隙間から、お約束の声が漏れた。

ズニュ、ズニュ、ぬちゅうぅ……にちゃ、にちゃ……

お時間に、余裕がありましたらお出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3107    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/03(Sat) 11:40
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」赤星です。
今回は「背徳の家族」第20話をアップしました。

「姉さんに、次郎さん。そろそろ始めて」
「そうだね、一発で決めような」
「一発だなんてイヤ。毎日でもやって欲しい…」甘えるように言いながら、次郎の前で正座して肉竿を口で擦りだした。

 (オチンチンをなめてる!)カメラで撮っている純子の淫裂が熱くなっている。
それは、純子だけでなく郁恵も同じで、膣の中が濡れ、信吾は肉竿は膨らましながら、ビデオに撮っている。
その前で、歩美はフェラを続けていたが「やろうよ」寝かされ、淫裂を舌でなめられていく。
(兄さんが、性器をなめてる!)純子は初めて見る光景に膣の中が濡れている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2449★    No.: 3106    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/04(Sun) 08:25
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「そう。
 わたしのこと、なんて言ってる?」
「幾つだろうって、いつも噂してます」
「大方の意見は?」
「ピンキリです。
 年齢不詳だって。
 でも平均すると、20代後半かな」
「狙ってたラインに近いわね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3105    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/03(Sat) 11:40
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」赤星です。
今回は「背徳の家族」第20話をアップしました。

「姉さんに、次郎さん。そろそろ始めて」
「そうだね、一発で決めような」
「一発だなんてイヤ。毎日でもやって欲しい…」甘えるように言いながら、次郎の前で正座して肉竿を口で擦りだした。

 (オチンチンをなめてる!)カメラで撮っている純子の淫裂が熱くなっている。
それは、純子だけでなく郁恵も同じで、膣の中が濡れ、信吾は肉竿は膨らましながら、ビデオに撮っている。
その前で、歩美はフェラを続けていたが「やろうよ」寝かされ、淫裂を舌でなめられていく。
(兄さんが、性器をなめてる!)純子は初めて見る光景に膣の中が濡れている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2448★    No.: 3104    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/03(Sat) 08:32
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 バスタオルを敷いたソファーにしばらく座り、万里亜から今後の事業展開などの話を聞かされた。
 汗が冷えてきたころ……。
 スタジオ側の扉で、ノックの音がした。

「どうぞ」

 万里亜の応答に扉を開けたのは、亜衣だった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2446★    No.: 3103    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/02(Fri) 07:56
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 会員全員がボトルを2本以上飲み干し、段ボールが空になるころ、ようやくエクササイズは終わった。
 音楽が止むと、スタジオが荒い息で満たされた。
 かなりの運動量だ。
 これなら痩せるかも知れない。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3102    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/02/01(Thu) 11:44
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「援交ブルース」第4話をアップしました。

(これは無理かも…。いやいや、この際思い切って誘っちゃえ)

 蚊が鳴くような小声で、

「あのぅ……私と……3万円でいいことしませんか?」

 私の言葉を聞いた途端、男性の顔色が大きく変わった。

「な、な、なんだって?3万円で君といいこと〜〜!?いいことってもしかして、エッチするってこと!?」
「あのぅ…ちょっと声が大き過ぎるんですけど……」

 私は周りの通行人に聞かれてないかと、思わず辺りを見廻した。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(五十二)作:八十八十郎    No.: 3101    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/02/01(Thu) 07:39
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 川霧が次第に薄らいでゆき、道沿いにのどかな河原の景色が見え始めた。
 “よかった。幸い、根来から受けた痛手も大事なかったのだ。早く若と伊織様の後を追わねば”
 うららかな日差しに輝くせせらぎを見ながら、大石桔梗は自ずと足が軽くなるのを覚えた。

 どれくらい歩いたのだろう、対岸に小さく人影が見える。
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2445★    No.: 3100    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/31(Wed) 07:39
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 万里亜が始動した。
 頭上で手を叩いてリズムを取りながら、ステップを踏む。
 亜衣を含め、すべての会員が万里亜の動きを真似た。
 呆然と立っているのは、美弥子ひとりだった。

 万里亜が、横に立つ美弥子に視線を向けた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3099    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/30(Tue) 11:39
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第5話をアップしました。

それでも、恥ずかしさを堪え、両手を下げてブラジャーを脱ぐと、上半身を隠す物は何もなく、豊満な乳房と、小振りな乳房が小刻みに震えている。
 
 ブラジャーを脱いだ後はストッキングを留め具からはずしてガーターベルトを脱いでいく。
「いよいよ、オ○ンコ丸出しだな」客達が固唾を飲んでいる。
(どうせ、見られたんだから…)ガーターベルトを置くと、両手でパンティのゴムを掴み、引き下げた。
「オ○ンコだ、綺麗なオ○ンコだ!」(イヤ、黙って見てて!)淫裂が丸見えになっている。

 それでも、膝まで引き下げ、震える右足を上げてパンティを脱いだ。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3098    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/28(Sun) 07:55
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッターチャンス2」第11話をアップしました。

草むらに笑顔を振りまきながら、背中に回した右手がブラのホックを緩めた。
真横にした左腕を胸に押し当てたままブラジャーを引き抜いた。
脱ぎすてられた服の上にそっと落とした。

「恥ずかしい……でも、がんばれ♪ 雪音!」

あたしは、藍色のジーンズの上に乗っかったブラジャーを恨めしそうに見つめた。
でもそんなの一瞬だけ。
またおバカな雪音に戻ってお客様にサービスを始めた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3097    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/27(Sat) 11:43
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第19話をアップしました。

「そう、純子のヌードを見たら収まらなくて」信吾は色々話すと「溜まっていたら言って。母さんがしてあげるから、純子には手を出さないでね」郁恵は信吾の前で服を脱ぎだした。
「そうだ、母さんのパイパンヌードは、まだ撮ってなかったね。剃ってきてよ」

 「今からはイヤよ。それより、セックスしたいんでしょう?」信吾のパジャマを脱がせ、裸にすると肉竿を口に迎え入れた。
「フグ、フグ!」唇で擦っていくと限界まで膨らみ「して、母さんとして!」信吾と一緒に横になっていく。
「母さん、入れるよ」淫裂は緩んでいるから、すんなり肉竿が入り込み動いていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2443★    No.: 3096    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/27(Sat) 08:46
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 知っている顔だった。
 いや。
 知っているどころではない。
 帰省先で会っている。
 書店に付属する喫茶店の女店員だった。
 そこのトイレで……。
 万里亜と3人、恐ろしいことをしたのだ。

「覚えてたようね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2445★    No.: 3095    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/29(Mon) 07:47
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 万里亜が扉を開くと、音楽が殺到してきた。
 こんな音量で、音漏れの苦情は来ないのだろうかと思ったが……。
 スタッフルームでは、ドアひとつ隔てただけで、ほとんど聞こえなかったのだ。
 改装工事では、防音対策もなされているのだろう。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2444★    No.: 3094    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/28(Sun) 08:56
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「でも、ひとつだけ、違う雰囲気のところがあったの。
 会員の一人が、スゴいノリノリの子だったのよ。
 その子がいることで……。
 先生と生徒の間の垣根がなくなるって言うかさ。
 一種のトリックスターね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3093    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/28(Sun) 07:56
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッターチャンス2」第11話をアップしました。

草むらに笑顔を振りまきながら、背中に回した右手がブラのホックを緩めた。
真横にした左腕を胸に押し当てたままブラジャーを引き抜いた。
脱ぎすてられた服の上にそっと落とした。

「恥ずかしい……でも、がんばれ♪ 雪音!」

あたしは、藍色のジーンズの上に乗っかったブラジャーを恨めしそうに見つめた。
でもそんなの一瞬だけ。
またおバカな雪音に戻ってお客様にサービスを始めた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3092    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/27(Sat) 11:43
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第19話をアップしました。

「そう、純子のヌードを見たら収まらなくて」信吾は色々話すと「溜まっていたら言って。母さんがしてあげるから、純子には手を出さないでね」郁恵は信吾の前で服を脱ぎだした。
「そうだ、母さんのパイパンヌードは、まだ撮ってなかったね。剃ってきてよ」

 「今からはイヤよ。それより、セックスしたいんでしょう?」信吾のパジャマを脱がせ、裸にすると肉竿を口に迎え入れた。
「フグ、フグ!」唇で擦っていくと限界まで膨らみ「して、母さんとして!」信吾と一緒に横になっていく。
「母さん、入れるよ」淫裂は緩んでいるから、すんなり肉竿が入り込み動いていく。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 創作お役立ち書籍紹介ページに書籍情報を追加しました。    No.: 3091    [返信]
Name: ぴあすねっと管理人    Date: 2018/01/26(Fri) 21:01
URL: http://jhnet.sakura.ne.jp/myshop/nicky.html
漫画、イラスト、小説、ゲーム、動画、演劇、立体物などの
クリエイター向けのハウツー本などを紹介するページになります。
http://jhnet.sakura.ne.jp/myshop/nicky.html
是非ご利用下さい

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2442★    No.: 3090    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/26(Fri) 07:48
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「さて、最後に仕上げね」美弥子の背後から掃けた万里亜が、再び戻って来た。手には、ウィッグを捧げていた。赤毛だった。コスプレイヤーが使うような、派手な色合いだ。鏡の中の女に、ウィッグが被せられた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3089    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/25(Thu) 11:44
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShyrock様作「援交ブルース」第3話をアップしました。

入る瞬間の感じと抜く瞬間の感じってすごく違う。
 これってヒダヒダの向きのせいかしら?
 おじさんがズンッって押してくる度に、私のお尻が前のめりになってしまう。

 ああん、だんだん気持ちがよくなって来た。
 アソコから伝わった快感が身体全体に広がっていく感じ。

「あっ、ああっ、あっ、ああっ、くうっ…………」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3088    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/23(Tue) 11:44
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第4話をアップしました。

「そろそろ、時間ですから着替えて下さい」支配人の糸沢が指示する。
「はい、着替えます」貴子と久美は、先輩のホステスに連れられて更衣室に向かう。
更衣室といっても、ロッカーが置かれただけの部屋で「これに着替えて!」貴子と久美は、渡されたユニフォームを見て「これを着るの?」思わず叫んだ。
(これを着たらオッパイは当然だけど、ヘアが丸見えだわ)(イヤよ、こんなのを着たら、小さいのがわかるわ。オッパイだけは貴子に見られたくない…)2人は渡されたユニフォームを前に躊躇している。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2441★    No.: 3087    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/24(Wed) 07:37
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あなたも、これに着替えて。
 このジャージ、輸入品なのよ。
 あなたのサイズも、バッチリあったから」

 万里亜は、化粧台に畳まれていたジャージを、美弥子に手渡した。

「悪いけど、スタッフ用の更衣室はないの」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3086    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/23(Tue) 11:44
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第4話をアップしました。

「そろそろ、時間ですから着替えて下さい」支配人の糸沢が指示する。
「はい、着替えます」貴子と久美は、先輩のホステスに連れられて更衣室に向かう。
更衣室といっても、ロッカーが置かれただけの部屋で「これに着替えて!」貴子と久美は、渡されたユニフォームを見て「これを着るの?」思わず叫んだ。
(これを着たらオッパイは当然だけど、ヘアが丸見えだわ)(イヤよ、こんなのを着たら、小さいのがわかるわ。オッパイだけは貴子に見られたくない…)2人は渡されたユニフォームを前に躊躇している。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2440★    No.: 3085    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/22(Mon) 08:24
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 プラチナブロンドと云うのだろうか、銀髪に近い色合いだった。
 しかし、クレオパトラを思わせる髪型の内側に見える顔は、確かに万里亜だった。
 だが、化粧が濃い。
 いや、これはもう化粧という域を超え、舞台メイクに近かった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3084    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/21(Sun) 12:12
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はとっきーさっきー様作「シャッターチャンス2」第10話をアップしました。

「シーソーですか……?」

「ええ。シーソーの上で旦那様は仰向けに寝てください。両足は地面に下して身体
を支えて。そして奥さんの方ですが、旦那様の身体を跨いでもらいましょうか? 
そうです。シーソーの上で騎乗位セックスをお願いします」

お父さんはまたまたノートをめくりながら、渋い声音で事も無げに説明する。

でも騎乗位って? 確か……そうよ。寝転んだ男の人の上で女の人が腰を動かして
ダンスするっていう……あれよ! ものすご〜くエッチな体位よ!

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2439★    No.: 3083    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/21(Sun) 08:19
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 晩夏の街は埃っぽく乾き、日干し布団を叩いたように霞んで見えた。
 どのくらい雨が降らないのだろう。
 同じ乾いていても、千葉の空気とはまるで違った。

 万里亜に教えられたスタジオは、美弥子の使う私鉄が、山手線に接続するターミナル駅にあった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3082    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/20(Sat) 11:46
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第18話をアップしました。

純子は大人しく話を聞き、画面を見ていたが「お願いだから、こんなヌードでオナニーしないで」頼み込んだ。
「ヌードを見ながらでないと、出ないんだ…」
「それなら、私のヌードを見ながらして欲しいの…」恥ずかしそうに言う。
「純子、いいんだね、性器も撮るよ」
「信吾さんの為よ。他には絶対見せないでよ」
「わかってる、準備するよ」信吾は部屋から一旦出て、郁恵が居ないのを確認すると戻ってきた。
「今がチャンスだよ、全部脱いで!」信吾は胸を躍らせながらカメラの準備をした。

 純子は信吾のカメラの前で服を脱ぎだした。
真っ白なパンティが眩しいが、信吾はスイッチを押して撮り出す。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2438★    No.: 3081    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/20(Sat) 07:35
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 ついこの間、夏休みの前半のことだ。
 地元に帰省した書店で、万里亜に声を掛けられたのだ。
 その後、千葉でのアルバイト生活で忘れかけていたが……。
 再び過去は、コンタクトを取ってきた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2437★    No.: 3080    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/19(Fri) 07:33
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 マンション隣室住人の葬儀に帰った由美は、いっこうに東京に戻って来なかった。
 夏休みの課題を仕上げた美弥子は、無聊を持て余していた。

『小人閑居して不善を為す』

 美弥子には、この故事が身に染みて理解できた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「援交ブルース」更新です    No.: 3079    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/18(Thu) 12:21
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShyrock様作「援交ブルース」第2話をアップしました。

おじさんはそう言いながら、私の一番大切な場所に指をズブリと挿し込んだ。

「あああっ!そんな〜!」

 太い指に私の粘膜がグジュっと絡みつく。
 狭い穴を分け進むように指は奥へ入って来た。

「あさりちゃんのここ、すごく締まりがいいね。ははは、指がちぎれそうだよ」

 少し奥まで押し込んで一旦止まったと思うと、今度は途中の壁をこすり始めた。

「ははは、ここ、コリコリしていい感じだね。しっかりと擦ってあげるからね」

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(五十一)作:八十八十郎    No.: 3078    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/18(Thu) 07:27
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 木戸口を二三歩出たところで伊織は後ろを振り返った。
「世話になった。この通り、心より礼を申す」
 深々と頭を下げた伊織の横で、鶴千代も慌ててそれに倣った。
「もうどうかそのような……。では若様、お気をつけて……」
 笑みを向けられた鶴千代は、透き通った眼差しで老婆を見上げる。
「お願い、大石を助けて」
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2436★    No.: 3077    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/17(Wed) 07:37
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「かなえ!
 ストップ!」

 かなえは、挑発するような上目遣いを由美に向けた。
 完全に正気が飛んでいる。
 後先がわからなくなっているのだ。
 両手はもう、臍を下りようとしていた。
 猶予はなかった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3076    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/16(Tue) 11:48
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第3話をアップしました。

「そうだ、それでいい!」勝ったとばかりに、今度はシャツを脱がせに掛かった。
「やめて、いやです!」拒むが無理で、あっけなくブラジャーとパンティだけにされた。
「いい体だ。これならかなり稼げるな」ブラジャーのホックを外すと、白い乳房がカップから飛び出し揺れている。
「イヤ、やめて下さい!」貴子は両手で乳房を押さえた。
「そうは行かないよ。これも脱いで、素っ裸だ!」
「イヤ、レイプしないで。イヤです!」福原はパンティを掴んで引き下げた。
貴子も慌てて掴み、引き合いが始まると「ビリ、ビリ!」レースのパンティが引き裂かれ、下半身が剥き出しになった。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #230』作:ハーレクイン    No.: 3075    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/16(Tue) 07:30
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「襟替え、のう」

 と、相馬禮次郎。

「へえ……」

 俯き、呟くように答える志摩子。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2435★    No.: 3074    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/15(Mon) 07:45
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「かなえ!
 ストップ!」

 かなえは、挑発するような上目遣いを由美に向けた。
 完全に正気が飛んでいる。
 後先がわからなくなっているのだ。
 両手はもう、臍を下りようとしていた。
 猶予はなかった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3073    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/14(Sun) 16:27
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッターチャンス2」第9話をアップしました。

目を瞑ったままの毅さんが、ブランコを揺すった。
そのたびに硬直したオチ○チンが、ピストン運動のように美帆さんの口を犯した。

「んぐぅぅっ、んむぷぅぅ! げほっ、げほっ……んぐっっ!」

毅さんの硬くて長いオチ○チンを、美帆さんは根元まで飲み込んだ。
喉の奥にまで突き刺さっているのに……
顔を歪めて吐き出しそうになっているのに……
笑顔がお似合いの美帆さん眉間に深い縦じわまで刻まれているのに……

毅さんは、揺れるブランコに合わせて、何度も何度も美帆さんの柔らかい唇を貫いている。
自分ひとりだけで快楽の世界に浸っている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2434★    No.: 3072    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/14(Sun) 08:24
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 かなえは、手の平の上に顔を翳した。
 手の平で温められた精液が、蒸気となって揺らめくのが見えるようだった。

「臭い……。
 臭いです」

 かなえは、両手の平を閉じた。
 両手を、乳液を伸ばすように摺り合わせた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3071    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/13(Sat) 11:55
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第17話をアップしました。

朝食を済ますと、次郎と信吾、純子の3人が家を出て歩美と郁恵が家事をし、それが済むと、歩美が出て郁恵だけが残っている。
そんなリズムが繰り返されていたが、5月に入ったある日、偶然にも信吾と純子だけが家にいる事になった。
信吾は純子の側を離れず、胸を撫でていく。
「信吾さん、胸だけよ。それ以上はイヤなの」
「でも、純子の全てを見たいんだ。見せてくれよ」シャツの裾を捲り上げ、ブラジャーのホックを外した。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2433★    No.: 3070    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/13(Sat) 08:24
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「よし」

 満足したのか、かなえはようやくスマホを構える手を下ろした。
 歩の傍らにしゃがみこむ。
 正確に云えば、床に広がる歩の精液の傍らだった。
 四つん這いになった。
 床に鼻を近づける。

「う」

 首が跳ねあがった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 新作です    No.: 3069    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/11(Thu) 11:24
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShyrock様作「援交ブルース」第1話をアップしました。

ホテルにやって来たのは、中堅企業の社長風って感じのおじさんだった。
 いかにも好きそうで顔中が脂ぎっていて、しかも少なくなった髪の毛を大事そうに七三に分けている。
(な〜んかやだにゃん……、でも、仕方ないかぁ。お金欲しいし。それによく考えてみれば、いい男来るわけないよね。いい男だったら女の子に困らないだろうし援交なんかに手を出さないよねぇ。やっぱり諦めるしかないかぁ……)

 おじさんはベッドの上で鼻の下を伸ばして、私を舐め廻すようにジロジロ見てる。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2431★    No.: 3068    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/10(Wed) 07:40
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「バカ男」

 かなえは、歩の尻から足裏を外した。
 荷重は失ったが、自由を得た尻は、さらに激しく八の字を描いた。

「ト、トシオくん……。
 ボ、ボクもイクからね」
「あ、そうだ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「生け贄の婦警」更新です    No.: 3067    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/09(Tue) 12:18
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「生け贄の婦警」第2話をアップしました。

「よし、早速味見だ。しっかり撮れよ」金髪が真っ先にズボンを引き下げ、貴子をテーブルに乗せ仰向けにすると、足を垂らしたまま開かされて淫裂が口を開いている。
「いいね。こんな事が楽しめて」肉竿を押し込んだ。
「あ、あ、あ!」無意識の貴子は喘ぎ声をあげる。
「こいつ、オ○ンコの中がヌルヌルだぞ。もう濡れてやがる。薬が相当効いているんだな」一気にピストンが始まり「クシャ、クシャ!」淫裂から音が鳴っている。
貴子は(いいわ、凄くいい。もっとして!)そう、言いたそうに、虚ろな顔で腰を持ち上げていく。

 やがて、肉竿はピッチをあげて、仕上げに入った。
「あ、ああ、あー!」貴子も声をあげ、淫裂から白い淫汁を流していく。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #229』作:ハーレクイン    No.: 3066    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/09(Tue) 07:32
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 下げた野田太郎の後頭部と背中を一瞥したのち、志摩子は隣に座す相馬禮次郎を見遣った。
 志摩子、相馬、それに東中 昂(ひがしなかこう)の三人はこの順に並んで座し、共に床の間に背を向けていた。中央が相馬。相馬の右隣りが志摩子、左隣が東中。
 野田太郎は、この三人に向かい合い、畳に両手を突いて深々と頭を下げたままである。
 志摩子は、そのまま相馬に声を掛けた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2429★    No.: 3065    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/07(Sun) 08:40
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 かなえが、持ち手を構えた。
 照準はもちろん、トシオくんの肛門だった。
 左手で握った陰茎を、レバーを起こすように立てた。
 亀頭が天井を指す。
 同時だった。
 飛び縄の持ち手が、一気に突きこまれた。

「あぎゃ」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3064    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/06(Sat) 11:49
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第16話をアップしました。

 「母さんも、声を出してもいいよ」
「そうは行かないわ。親子なんだから」郁恵はもう下着を脱いで全裸になっている。
「それじゃ、行くよ」信吾は肉竿を入れて、動かし出すと郁恵はタオルを口の当てて、声を出さないようにしている。
「母さん、心配ないよ、聞こえたって平気さ」肉竿をピストンしながら言うが(聞こえたら大変よこうするしかないの)気持ちよさそうな顔をしながら淫汁を流していた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2430★    No.: 3063    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/08(Mon) 08:05
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「よし」

 存分に撮り終えたらしいかなえが、満足そうな顔をあげた。

「あ」

 かなえの視線をたどる。
 両手両脚を飛び縄で拘束されたまま、床に転がる歩だった。

「あんた、だいぶ前から気がついてたね」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 読み切り小説をアップしました    No.: 3062    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/08(Mon) 12:16
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は読み切り小説「青春の思い出」第2部をアップしました。

 沙羅は「達夫さん、私をヌードにして下さい…」頼み込む。
「えっ。沙羅さんをヌードにですか?」
「はい。達夫さんに、裸にされたい…」沙羅が達夫の目を見て言うと「わかりました」沙羅の正面に立って、ボタンを外していく。
その間、沙羅は達夫の股間を撫でていく。
(少し、膨らんでいる。もう少しね)達夫は、股間を撫でられながら、沙羅の服を脱がしていくと、スケスケのブラジャーとパンティを履いていた。

 (オ○ンコが見える!)絨毛の生えてない淫裂に、達夫も興奮している。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3061    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/07(Sun) 16:53
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッター・チャンス2」第8話をアップしました。

「それでは、用意はいいですか? まずは……そうですね。奥さんが旦那様のモノを慰めてみましょうか?」

「な、慰める?」

美帆さんが首だけこっちに向けて聞き返した。

「ええ。ブランコに腰かけた旦那様のアレを、奥さんのあなたが口の中で気持ちよくしてあげるんですよ。要するに、フェラチオです。知っているでしょ?」

それに対してお父さんは、いつもと違う調子で事もなげに応えている。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3060    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/06(Sat) 11:50
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第16話をアップしました。

 「母さんも、声を出してもいいよ」
「そうは行かないわ。親子なんだから」郁恵はもう下着を脱いで全裸になっている。
「それじゃ、行くよ」信吾は肉竿を入れて、動かし出すと郁恵はタオルを口の当てて、声を出さないようにしている。
「母さん、心配ないよ、聞こえたって平気さ」肉竿をピストンしながら言うが(聞こえたら大変よこうするしかないの)気持ちよさそうな顔をしながら淫汁を流していた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「ありさ 悪夢の公衆便所」完結です    No.: 3059    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/04(Thu) 11:34
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回で、Shyrock様作「ありさ 悪夢の公衆便所」最終話をアップしました。

個室から出てみると、朝光が天窓から射し込んでいた。

 ありさはかすかな安堵感を覚えた。
 だがそれは一瞬のことだった。

 ありさはすぐに公衆便所の出入り口へと向かった。
 出入り口の扉からも朝の光が射し込んでいる。
 光は脱出の希望を抱かせる。
 ありさは公衆便所の扉を激しく叩いた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2427★    No.: 3058    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/05(Fri) 07:45
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「あまりの気持ちよさに、そのまま気絶しそうになったんですけど……。
 さすがにそれはマズいんで、窓のレールを、指が真っ白になるほどに掴んで堪えました」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「ありさ 悪夢の公衆便所」完結です    No.: 3057    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/04(Thu) 11:35
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回で、Shyrock様作「ありさ 悪夢の公衆便所」最終話をアップしました。

個室から出てみると、朝光が天窓から射し込んでいた。

 ありさはかすかな安堵感を覚えた。
 だがそれは一瞬のことだった。

 ありさはすぐに公衆便所の出入り口へと向かった。
 出入り口の扉からも朝の光が射し込んでいる。
 光は脱出の希望を抱かせる。
 ありさは公衆便所の扉を激しく叩いた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2426★    No.: 3056    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/03(Wed) 08:36
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「その場で、ズボンとパンツを下ろしました。
 誰か来たら即アウトですから、ものすごく緊張しました。
 先生の靴は……。
 なんて云うんですかね?
 踵が細いハイヒールで……」
「甲の部分が大きく開いた?」
「そうです」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 新作です    No.: 3055    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2018/01/02(Tue) 15:32
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
明けまして、おめでとうございます。
お世話になってます「未知の星」の赤星直也です。
今回は「生け贄の婦警」第1話をアップしました。

 (嫌われたら、どうしよう…)パンティ、ブラジャーも脱いで全裸になったが、久美の乳房は貴子と違って小振りの乳房だ。
それに、絨毛もうっすらと生えており、どうにか淫裂を隠している程度だ。
(恥ずかしいけど、今夜がチャンスだし…)震える手で、ポットを持ち、高島の元へと歩いていくと「お、岡江!」乳房と絨毛を晒した姿に高島は声を上げた。
「驚かないで下さい。ご馳走になったお礼に、約束通りに私の全てをお見せします…」
ポットを置くと両手を後ろで組んで全裸を高島に晒していく。

 「いいのかい。そんな事して?」
「はい、それに確かめて欲しいんです。オッパイとあそこの発育を…」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #228』作:ハーレクイン    No.: 3054    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/02(Tue) 07:45
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 志摩子は舞い続けた。
 東中 昂(ひがしなかこう)の朗々とした唄声も続いた。
 舞が唄を引き出すのか。
 唄が舞を励ますのか。
 志摩子は、さほど広くもない座敷の内を、自在に舞い続けた。
 東中の唄声は、志摩子の舞いに、これも自在に絡み、部屋いっぱいに響き渡った。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 明けましておめでとうございます    No.: 3053    [返信]
Name: ぴあすねっと管理人    Date: 2018/01/01(Mon) 13:11
URL: http://jhnet.sakura.ne.jp/kousin/index201801.html#20180101A
謹んで 新年のおよろこびを申し上げます

旧年中は大変お世話になり 誠にありがとうございました
本年も引き続き よろしくお付き合い頂けますよう
お願い申し上げます

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2425★    No.: 3052    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2018/01/01(Mon) 08:20
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「うわ。
 温ったかーい。
 熱、あるんじゃないの?」
「いつも、それくらい熱いです。
 24時間戦えます」
「あんた、病気よ。
 それじゃ身が持たないでしょ。
 ま、だから、歩とあんな仲になっちゃったんでしょうけど。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3051    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/31(Sun) 16:27
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッター・チャンス2」第7話をアップしました。

「それで、小野寺さんはなんて……?」

「それが、今度は公園で撮影して欲しいって。そ、その……愛し合うところをだけど……もちろん、夜のそれも深夜で人通りがなくなってからなんだけど……でも、そんなこと……」

「あはははっ。ほら、ごらん。僕の提案が早速通ったじゃないか。それに雪音。『でも』も『そんなこと』も関係ないさ。公園での屋外セックスだろ? ああ、あれだよ。露出プレイってやつだろ? ふふふふ……はははは……ピンクの傀儡子の腕がなるなぁ」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3050    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/30(Sat) 12:17
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第15話をアップしました。

 歩美は、そんな事など気にも留めずに腰を振っていくが「行きそう、行きそう…」行きそうだ。
「まだ、行かないで。もっとしたし…」歩美の腰を、両手で押さえて、上下に振っていく。
「無理よ。行くわ、行かせて!」信吾の胸に倒れた。
「姉さん、僕とのオ○ンコ、気持ちよかった?」
「よかった。凄くよかった。でも、今日が最後よ。次郎さんが帰ってくるから…」
「そうだよね、今日が最後かもね。それなら、母さんとやるか」郁恵を四つん這いにして、後ろから抱きついた。

 「母さん、ゴムは取るよ。生でやらせて!」コンドームを抜き、肉竿を淫裂に押し込んだが、淫裂は濡れているから、すんなり入り「あ、あ、あ〜!」髪を振り乱している。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2424★    No.: 3049    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/31(Sun) 08:14
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「うわ。
 温ったかーい。
 熱、あるんじゃないの?」
「いつも、それくらい熱いです。
 24時間戦えます」
「あんた、病気よ。
 それじゃ身が持たないでしょ。
 ま、だから、歩とあんな仲になっちゃったんでしょうけど。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3048    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/30(Sat) 12:17
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第15話をアップしました。

 歩美は、そんな事など気にも留めずに腰を振っていくが「行きそう、行きそう…」行きそうだ。
「まだ、行かないで。もっとしたし…」歩美の腰を、両手で押さえて、上下に振っていく。
「無理よ。行くわ、行かせて!」信吾の胸に倒れた。
「姉さん、僕とのオ○ンコ、気持ちよかった?」
「よかった。凄くよかった。でも、今日が最後よ。次郎さんが帰ってくるから…」
「そうだよね、今日が最後かもね。それなら、母さんとやるか」郁恵を四つん這いにして、後ろから抱きついた。

 「母さん、ゴムは取るよ。生でやらせて!」コンドームを抜き、肉竿を淫裂に押し込んだが、淫裂は濡れているから、すんなり入り「あ、あ、あ〜!」髪を振り乱している。

お時間に、余裕がありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2423★    No.: 3047    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/30(Sat) 08:31
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 かなえは、まだ目を覚まさない歩の傍らの床を指さした。
 トシオくんは、素直に床に仰向いた。
 よほどしてもらいたいのだろう、かなえを憧憬の目で見あげている。

「脚、かかえて」
「え?」
「両手で、腿の裏を持って」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2422★    No.: 3046    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/29(Fri) 07:44
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
「ええ。
 毎日、3回はします」
「威張って言うな。
 アナルでしたことは?」
「そんなこと無いですよ。
 変態じゃないですか」
「1日3回する時点で変態でしょうが。
 まぁ、いいわ。
 トシオくんにプレゼントがあります」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「ありさ 悪夢の公衆便所」更新です    No.: 3045    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/28(Thu) 10:23
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はShy様作「ありさ 悪夢の公衆便所」第7話をアップしました。

ありさの場合、Gスポットが敏感すぎるぐらい敏感だ。
 そこを軽く触れられただけでも、直ぐにアクメを感じてしまうほどである。
 そんな箇所を加減することなく擦られたらどうなってしまうのか。
 ありさは忽ち半狂乱になり、狭い隙間からは蜜が止めどもなく溢れ出す。
 知ってか知らずか、鎌首はそんなありさのGスポットを徹底的に攻めてくる。

(シュワ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!)

 突然、結合箇所から潮がふき出した。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2421★    No.: 3044    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/27(Wed) 07:35
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 歩の身体にうつ伏せたトシオくんの尻が、ピクピクと動いた。
 生まれたての子鹿のように目が開く。

「おはよう、トシオくん」
「え?」

 トシオくんの身が、歩の身体から剥がれ落ちた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「狙われた母娘」更新です    No.: 3043    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/26(Tue) 11:52
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「狙われた母娘」最終話をアップしました。

「ここだよ、入って」ドアを開けて、中に入ると部屋には中年の男性がいた。
「宮園美智さんか。待っていたよ」美智に抱き付いた。
「イヤ、入れないで。お願いです!」美智は抱かれると、淫裂に肉竿が押し込まれた。
「やめて下さい、美智は嫁入り前ですから!」やめさせようと、淳子が言うと「これでいいのよ。娘さんと旦那さんがセックスして、家族の一員となるのよ。私もしたのよ、和茂さんと」
「それじゃ、誰の子か分からなくなってしまう!」真っ青な顔になる淳子だ。

 その側で「ヒー。痛い、抜いて。お願いだから抜いて下さい!」悲鳴をあげる美智の胎内を、肉竿が突き刺さして行く。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 ハーレクイン・エロマンス/幕間『アイリスの匣 #227』作:ハーレクイン    No.: 3042    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/26(Tue) 07:30
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 東中 昂(ひがしなかこう)。
 料亭の主にして料理人。
 その料理の腕は……。
 志摩子が侍る旦那、西陣の相馬禮次郎に言わせれば、東中の料理の腕は文句のつけようもないが、料理人としては捻(ひね)くれ者。
 つまりその料理は、食する者に真っすぐには対峙しない。必ず搦め手から攻め入って来る、というようなことであろうか。
------------------------------------------------------
投稿しました。

ハーレクインさんの創作集『ハーレクイン・エロマンス』は、毎週火曜日投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2419★    No.: 3041    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/24(Sun) 08:24
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 かなえは、眉を吊りあげて力んだ顔を作った。
 息を止めたらしい。
 そのまま指を、口中深く突き入れた。
 顎が左右に揺らぐ。
 上目で天井を見ながら味わってるようだ。
 指が吐き出された。

「ちょっと塩っぱいかも」
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2420★    No.: 3040    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/25(Mon) 07:52
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 歩の身体にうつ伏せたトシオくんの尻が、ピクピクと動いた。
 生まれたての子鹿のように目が開く。

「おはよう、トシオくん」
「え?」

 トシオくんの身が、歩の身体から剥がれ落ちた。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3039    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/24(Sun) 16:47
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回はとっきーさっきー様作「シャッター・チャンス2」第6話をアップしました。

あたしは、お父さんに気付かれないようにイケナイ遊びを再開した。
腕組みしながら乳首をいじっていた右手を、肌を伝わせながら下していく。
そして、薄いスカート生地の上からアソコに触れさせた。
中指のお腹を縦に走るスリットに沿わせて、素早く往復させた。

あ〜ん。気持ちいいよぉ。
ビリビリ電気が、頭のてっぺんまで駆け上がっちゃう!

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3038    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/23(Sat) 11:50
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第14話をアップしました。

「姉さん、もう一回ヌードにならない?」甘えるように、服の上から乳房を撫でた。
「なっても良いけど、2人きりの時だけにしよう。それより、今夜も、本当にやるの?」
「勿論やるよ。ゴムを買いだめして、置くから」
「そのことなんだけど、母さんとやる時も着けてして。なんだか罪悪感があって…」
「僕は生の方が好きだな、だって、母さん産めないし…」
「そう言う事じゃなくて、親子よ。親子でセックスするんだから、せめてゴムを着けないと…」
「わかった、姉さんが言うんならそうする」スカート捲って股間を撫でた。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2417★    No.: 3037    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/22(Fri) 07:51
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 かなえは、マガジンラックに突っこまれた紙袋類からひとつを取り出し、飛び縄を入れた。
 由美から受け取ったスマホとお面を、机の上に置く。
 そのまま、床の2人の元に取って返した。
 しゃがみこむ。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「ありさ 悪夢の公衆便所」更新です    No.: 3036    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/21(Thu) 11:49
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、Shyrock様作「ありさ 悪夢の公衆便所」第6話をアップしました。

ありさの場合、クリトリスの性感は十分に発達しており、包皮を剥かなくても十分に感じることができた。
 以前彼氏とのエッチ時に、皮を剥かれて過敏になり過ぎ、彼氏を押しのけ逃げ惑っ たことがあったほどだ。
 だけど今は逃げることが許されない。
 身体が拘束されていて身動きが取れないのだ。
 しかもかつて彼氏に吸引された時よりも数倍激しい。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 八十八十郎劇場/元禄江戸異聞 根来(四十九)作:八十八十郎    No.: 3035    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/21(Thu) 07:26
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 巧みに羅紗の身体を抱きすくめながら、春蘭は右足を羅紗の股間に割り込んだ。
 “ふふふ……”
 ぷりぷりとした強張りを太腿の肌に感じて、乳房の弾力に鼻先を埋めた春蘭がにんまりとほくそ笑む。
 膝の内側で固いものを撫でながら、羅紗の表情を上目遣いに窺う。
「羅紗様……、若のことがお知りになりたければ私の言うことをお聞きくださいますか? それとも、あの女たちのようにお仕置で無理やり吐かせるおつもり?……」
------------------------------------------------------
投稿しました。

八十八十郎さんの創作集『八十八十郎劇場』は、隔週木曜日の投稿です。
どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「背徳の家族」更新です    No.: 3034    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/16(Sat) 12:23
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「背徳の家族」第13話をアップしました。

「オッパイ、綺麗だね。次郎さんが羨ましいな」丁寧に撫でながら乳首を摘んだ。
「ダメ、乳首は掴まないで…」その言葉に、信吾の手が腹から股間手と伸びた。
「ここは、丁寧に洗うよ」淫裂を丁寧に撫で、石鹸を塗っていく。
「指はダメよ」
「わかってる、オ○ンコはしないよ。後ろも洗うよ」歩美に背中を向けさせ、石鹸を塗りだした。
「これなら、安心だわ」信吾の手は、背中を撫でてから腰を撫でていく。
 
 「ここは、汚れているから」尻の穴も撫で出す。
「やめて、お尻は恥ずかしいわよ」
「恥ずかしい事ないよ。みんな、持ってるし」撫でていた、手の指が肛門に入った。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2414★    No.: 3033    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/17(Sun) 08:44
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 堂々と画角に入ったと思ったら、顔にはお面を被っていた。
 夜店で売っているみたいなお面だ。
 何のキャラクターだろう、リボンを付けた少女の顔のお面だった。
 少女漫画をさらにデフォルメしたように、大きな目が顔の半分近くを占めている。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

 「シャッターチャンス2」更新です    No.: 3032    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/17(Sun) 15:50
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は、とっきーさっきー様作「シャッター・チャンス2」第5話をアップしました。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

美帆さんが白い歯を見せて、背中を浮かせた瞬間をカメラが捉える。
でも、そんな音も、あたしとお父さんの視線も気にしないって感じで、毅さんの舌と唇が美帆さんを感じさせることに集中している。

「はぐぅ、ちゅぶぅ……美帆、気持ちいいんだね。ほら、濡れてきたよ」

「ふあぁっ、だめぇ。美帆のお豆ぇ、感じるぅ……感じるのぉっ」

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 「狙われた母娘」更新です    No.: 3031    [返信]
Name: 未知の星    Date: 2017/12/19(Tue) 11:45
URL: http://akahoshi.a.la9.jp/
いつも、お世話になってます「未知の星」の赤星です。
今回は「狙われた母娘」第21話をアップしました。

「もし、私がやらなかったら、どうなりますか?」不安を感じて言う。
「もう、誰も相手にしません。孤独な教師ですよ」(脅すのね、私に裸同然になれと脅すのね!)体が、小刻みに震えている。
そこに「あなたがやらないなら、寮母さんにやって貰いましょうよ。ただし、素っ裸で!」高田が決まり言葉を言いだした。
それには「やります。やればいいんでしょう」泣き声で承知するしかない。

お時間に、ゆとりがありましたら、お出で下さい。
http://akahoshi.a.la9.jp/

 長編レズビアン小説「由美と美弥子」★2416★    No.: 3030    [返信]
Name: Mikiko's Room    Date: 2017/12/20(Wed) 07:54
Mail: mikikosroom@goo.jp
URL: http://mikikosroom.com/
------------------------------------------------------
 ゴン!
 ゴン!

 音は、歩の頭が立てていた。
 床を打っているのだ。
 むろん、意思のある動作ではない。
 痙攣に近いだろう。
 意識はすでに、歩の肉体から飛び去っていることは明らかだった。
------------------------------------------------------
投稿しました。

「日・月・水・金・土」が投稿日です。

美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。

Mikiko’s Room

http://mikikosroom.com/

前のページ

記事No    削除キー